認知症はどんなものか?

認知症とは、一言でいうと脳の病気です。

単なる加齢による物忘れではありません。

認知症と物忘れの大きな違いは、認知症は自分がした体験全てを忘れてしまいますが、物忘れはその一部を忘れるという点です。

また、物忘れを自覚しているかどうか、幻覚や被害妄想がひどくなっているかどうかという点も大きな違いの1つです。

認知症の原因は様々ですが、一番多いのがアルツハイマー型認知症です。

これは、65歳未満で発症するものをアルツハイマー病といい、65歳以上で発症するものをアルツハイマー型認知症と言います。

原因は不明で、脳内で劇的変化がおこり、神経細胞が激減し、脳が小さくなっていく病気で、物忘れから始まり、ゆっくり進行するのが特徴です。

2番目に多いのが脳血管型認知症です。

脳内の血管が詰まったり、破れたりする事により、患部の脳の働きが悪くなって起こるのが脳血管型認知症です。

脳血管型認知症の場合は、脳が侵された部分の能力が低下していく為、侵された場所によって症状が違います。

上記の2つの病気の他、レビー小型認知症・前頭側頭型認知症・脳腫瘍・脳炎・薬物中毒等、原因となる病気は沢山あります。

どの認知症も進行性である事が特徴ですが、早期発見で投薬や脳の訓練などの治療を受けることにより、進行を遅らせることが出来る場合があります。

また、慢性硬膜下腫・水頭症などの病気のように手術で治療ができるものもあります。

「認知症かな?」と疑いを持ち始めたら、なるべく早い時期に専門医に受診することが大切です。